上野山清貢

c0340229_10550861.png


「魚」 水彩画・紙 31×46.5㎝ 制作年:不詳

上野山 清貢(うえのやま・きよつぐ)1889−1960年


北海道・江別生れ、1909年北海道師範学校・図画専科、1912年太平洋画会研究所、本郷絵画研究所に学ぶ、
以後展覧会多数、1924年帝展入選、1926年槐樹賞、帝展特選、1927年帝展特選、1928年帝展特選、
1930年帝展無鑑査、以後同、1937年新文展無鑑査、以後同、以後日展依嘱出品、1965−1981年遺作展多数

上野山の油彩画は希少で市場にあまり出てこない。あったとしても私などにはとても手が出せない。
作品「魚」水彩画は画帖に描かれたもので小品で資料にちかいものだ。
しかし上野山の精神性に触れることはできる。
油彩画は和製ゴーギャンといわれ爆発的エネルギーの表現に執着した激しいタッチが特徴だが
水彩画の魚などは細密で詩的な雰囲気を漂わせている。
媚びへつらいせずお世辞もいえない不器用なところが長所ともなり短所ともなり
画壇的にはあまり恵まれない立場にいたようだ。



(参考資料)
上野山清貢展図録・北海道立近代美術館(1981年)
上野山清貢画集・北海道新聞社(1982年)
美術グラフ(1969年5月号)


by art-tomnog2014 | 2014-02-15 18:50

平凡なサラリーマンが20数年かけて蒐集した絵画を紹介しています。

by art-tomnog2014
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30