小村雪岱

c0340229_10550957.jpg


邦枝完二原作「お傳地獄」挿絵木版画 14×20㎝ 
制作年:不詳
(解題:上州ではかねてお傳を待っていた博徒達がいる)

小村雪岱(こむら・せったい)1887−1940年


埼玉・川越生れ、1908年東京美術学校日本画科卒業、
1914年泉鏡花著「日本橋」の装幀、1918年資生堂意匠部入社、資生堂デザインを手掛ける。
1922年から新聞・雑誌の挿絵を手掛ける。1924年から歌舞伎・新派・舞踊などの舞台装置を手掛ける。


装幀家、挿絵家、舞台装置家として活躍した小村雪岱は本来日本画家であるが
装幀などに見られるモダンな描写は当時としてはとびきりの才能であった。

お傳地獄は邦枝の小説にとどまらず映画化されたこともあって人気作品である。
本作品は挿絵原画を忠実に再現しているがどのような経緯で作られたものか不明である。
小村雪岱の研究家であった亡き従兄が所蔵していたものである。
(絵画コレクターである私に研究資料として遺族が預けてくれた。)

他の作品もそうであるが挿絵原画や雪岱監修の版画はほとんど残っていない。
現存の版画はほとんどが没後の刊行であり、復刻されたものである。


従兄は雪岱の挿絵が掲載された雑誌500余冊(大正15年~昭和15年)を研究用として所蔵していた。
おそらくこれほどの貴重な研究資料は他に例を見ない。現在は公立美術館に寄託され雪岱考察に活かされている。


c0340229_10550924.jpg



これは小村雪岱画譜の107番
画譜のあとがきによると画譜掲載画は新聞の掲載紙や本を土台に転写し製版したものとある。
挿絵原画(新聞社所蔵)は全部火災にあって1枚も残っていなかったというのだ。
画譜発行は昭和31年である。





(所蔵参考資料)
小村雪岱とその時代・埼玉県立近代美術館(2009年)
文と絵の出合い・さいたま文学館(2001年)
小村雪岱・埼玉県立近代美術館(1983年)
小村雪岱画譜・龍星閣(1956年)
芸術新潮2010年2月号
版画芸術146号(2009年)



by art-tomnog2014 | 2014-03-22 15:23

平凡なサラリーマンが20数年かけて蒐集した絵画を紹介しています。

by art-tomnog2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31