宮坂金太郎

c0340229_10421465.jpg


「卓上秋色」油彩画・キャンバス F10号 
制作年:1940年

宮坂金太郎(みやさか・きんたろう)生没年不詳  

籐の籠に行儀よく収まっている3個の柿と遠慮がちに添えられている秋桜が真面目に静謐に描かれている。
配色も10種ほどでコテコテせず日本画的である。

附属する共書から紀元2600年奉祝展に出品した作品と思われる。
しかしこれほどの作品が実は地方の骨董市で粗末に扱われていた。
70年経過した額縁が辿った道程を示している。
埃まみれで大変汚れていたが作品からは何故か淡い光が私に射していた。
入手した「卓上秋色」は私の手元で息を吹き返した。


c0340229_10551148.jpg
宮坂金太郎に関する数少ない資料によれば
①岸田劉生全集第8巻・日記に「大正12年9月5日、12日に茅ヶ崎の宮坂金太郎見舞いに訪れる」旨の記事あり。
②日本造形美育研究所主任として幼児絵画指導の文献を残している。
劉生との接点があり絵画教育指導に携わっていたことなどから他にも作品を残していると思われる。
資料と本作品から1900年代(明治30年代)の生れと推定するが。


(所蔵参考資料)
岸田劉生全集第8巻・岩波書店
幼稚園低学年新絵書・指導解説書/監修:青木誠四郎、編者:宮坂金太郎



by art-tomnog2014 | 2014-07-01 14:01

平凡なサラリーマンが20数年かけて蒐集した絵画を紹介しています。

by art-tomnog2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31