<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

内田静馬

内田静馬 (1906-2000) 木版画家

埼玉県川田谷村(現・桶川市)生れ、旧制川越中(現・川越高校)から東京高等工芸学校(現・千葉大学)卒業。
1928年第6回春陽会展入選を機に版画家として歩み始める。
1934年「海水浴場」パリ国立図書館買上。
以降ジュネーブ・マドリッド・サンフランシスコ・ロスアンゼルス・ニューヨークなどの海外展に多数出品。
1939年新日本百景に「雪の高田市」配布。
戦時中一時活動を中断する。
1951年内田静馬版画展開催(東京・銀座)、以降各地にて版画展多数。
1968年海外色彩調査団に同行し渡欧(フランス、イギリス、オランダ、ドイツ、スイス、イタリア)。
2005年川越市立美術館による顕彰から再評価される。(顕彰に携わったO学芸員の功績大)
70年間の画業を木版画一辺倒にこだわった希少な作家である。

(主な収蔵先)
川越市立美術館
和歌山県立近代美術館
町田市立国際版画美術館
国立国会図書館
パリ国立図書館
埼玉グラフ株式会社
川越ペンクラブ

(所蔵参考資料)
内田静馬「素朴美のまなざし」・川越市立美術館(2011年)
木版画の制作技法・理工学社(1972年)
日本の民画・理工学社(1978年)




c0340229_16594948.png


「花」 木版画・紙  29.8×22.6cm  19/30 
制作年:1993年

花瓶に挿された色とりどりのスイトピー。最後の作品と考えられる。
輪郭線を伴わない表現のせいもあって、往年の力強さは影を潜め、どこかはかなげである。
(素朴美へのまなざし・解説頁から)


c0340229_17000551.png
「運河添いの街」 木版画・紙  30.5×41cm  30/45 
制作年:1969年

1968年に渡欧した際に「アムステルダム風景」を制作しており、
本作品は同作と同じ風景地「プリンセン運河」である。
墨版を含め全5版から成り背景の黄系から青系へのグラデーションは1版で摺っている。
題名を「運河沿い」とせず「運河添い」とした内田のこだわりを感じる。
c0340229_13292850.jpg

「広告塔のある風景」 木版画・紙  28.4×18.4cm 
制作年:1969年


日本人観光客の多くが驚きを持って注目するのが、この日本に存在しない広告塔だろう。
文字通り、広告を貼るために屋外に設置された円筒形の柱のようなものである。
静馬の新鮮な驚きを疑似体験できる作品。(素朴美へのまなざし・解説頁から)

c0340229_13293781.jpg

「大師堂内陣」 木版画・紙 27.2×36.1㎝ 
制作年:1960年頃

川越で大師堂といえば喜多院である。提灯をクローズアップする手法は
歌川広重<名所江戸百景 浅草金竜山>を想起させる。
関連性のあるスケッチ等は見つかっていないが、
作品名は1961年(昭和36)の日記には登場することから、
最初の<川越八景>を構成していた1図と見て良い。
(素朴美へのまなざし・解説頁から)
c0340229_13294683.jpg

「秩父山塊」木版画・紙 27.2×36.1㎝ 
制作年:1971年

黒々とした山容の要所要所に添えられる淡い青系の絵の具がアクセントとなっている。
写生帖「上州の旅」に「秩父久那よりの武甲山」と記された1969年(昭和44)の
同図様のスケッチがあり、秩父連山の武甲山を描いていることが分かる。
(素朴美へのまなざし・解説頁から)


by art-tomnog2014 | 2015-04-18 18:15

古沢岩美

古沢岩美 1912−2000年


佐賀県生れ、1928年岡田三郎助に師事、本郷研究所、1939年福沢一郎らと美術文化協会結成、1943年応召・中支へ、1946年復員、美術文化展、モダンアート展、日本国際美術展等で活躍、1964年作品が猥褻との疑いで書類送検、1975年古沢岩美美術館開館

古沢の画といえば裸婦、エロス、醜悪などと紹介され一般的に誤解されているが正しくは権力、政治、特権、虚飾、欲望などに対する批判を古沢の独特の感性表現で世に訴えたのである。あの三島由紀夫が優れた芸術家として古沢を絶賛している。
通好みには高い評価をされたが古沢が文化勲章のような国の権威的な表彰を受けることはなかった。そんな古沢の気骨ある画家人生に脱帽である。

c0340229_10551275.png


「母子三代」銅版画 28/30
10×7.5cm 制作年:1972年

「戦中の中国のある街の風景である。修羅と飢餓の中で血がまじり、
時代が善悪を越えて移ってゆく姿を表現してみたかった。」
(古沢岩美美術館カタログ・作品解説頁から)

c0340229_10551246.jpg


「自画像」銅版画 117/1000 
35×25.5cm 制作年:1973年

「画家にとって自画像程むずかしいものはない。
時間が立って見るとその時の自分の心理まで描かれているからである。
すべての芸術は自分自身との闘いであるからである。
自選画集の口絵のために作った。」
(古沢岩美美術館カタログ・作品解説頁から)

c0340229_17150285.png


「私はヴァイオリン」 リトグラフ 246/300 
50×40cm 制作年:1974年
「枯葉の中の破れヴァイオリン、もだえる女・・・・・・」
(古沢岩美美術館カタログ・作品解説頁から)


c0340229_10551269.jpg


古沢岩美美術館月報161冊(1975年8月~1991年4月)



美術館が開館したのは1975年(昭和50年)である。
熱心な支援者だった当時の東洋信販・社長の大谷昭雄が山梨県の富士を望めるリゾート地に建設したものだ。
記念して作られた美術館カタログには油彩74点、水彩5点、デッサン18点、版画34点、陶磁器16点の147点が掲載されている。美術館は画家の集大成ともいえる殿堂だった。
しかし1981年(昭和56年)に東洋信販が会社更生法を申請し破産。
その後、1989年には事実上の閉館となってしまった。
古沢ファンとしては痛恨の極みであるが大量の作品がどう散失してしまったのか気になるところである。

これら月報がいつまで発行されたか不明だが貴重な資料であることはいうまでもない。
奇跡的に古書店で161冊を発見し身震いをした。
号毎に画家の紹介や他の美術批評記事が満載され充実している。
これだけの資料に再び出合うことはない。
これらの資料から1975年に遡って画家の辿った道程をあらためて知りたいと思う。
希少な資料は時として作品以上の価値を持つことがある。



c0340229_10551203.jpg


伝:古沢岩美 「仮題:猫」 油彩・キャンバス M8号 
制作年:1972年



古沢岩美の真作として購入したものだが広く世に出ている作品群とは
サインと年期表記が違うので伝:古沢岩美とした。
しかし古沢の動物画の中に似たような作品があること、
多数の猫を飼っていてデッサン等していた事実があるので真作と信じたい。
こちらの心を見抜いているような猫の目つきに「はっ」とするが愛らしさもあって気にいった作品である。
(上目使いでありながら八方睨みのような怖さも潜んでいてなかなかの技巧的作品ではないか。)

c0340229_10551279.jpg


「花と動物」 詩/堀口大學、挿絵/古沢岩美 発行:1972年
37篇の詩と挿絵 限定28/145部 プレス・ビブリオマーヌ刊行

口絵のシートは古沢の銅版画「老いたかまきり」、
本書はいわゆる製本されたものではなく1枚毎のシート。
局紙といわれる高級和紙で仕上げており額装して楽しむこともできる。
タイトルは花と動物だが内容は人間界のもので大人の詩集と挿絵である。
37篇のシートを1W毎に額装して飾ったら約9カ月間も楽しめる。
堀口大學(1892−1981)詩人
古沢岩美(1912−2000)画家
どちらも明治生れの巨匠である



c0340229_21294916.jpeg

「裸婦」 油彩画・キャンバス F10号 制作年:1962年



(所蔵参考資料)
古沢岩美画集・限定17/900部、美術出版社(1974年)
軍事郵便・三好企画(1996年)
古沢岩美美術館カタログ(1975年)
古沢岩美代表作展・日動画廊(1971年)
美の放浪・文化出版局(1979年)
古沢岩美展・板橋区立美術館(1982年)
古沢岩美作品展・カギムラ画廊(1981年)
夢倉・三好企画(1992年)
別冊一枚の繪・古沢岩美エロスと修羅飢餓 (1993年)
古沢岩美全版画 (1997年)

by art-tomnog2014 | 2015-04-01 13:00

平凡なサラリーマンが20数年かけて蒐集した絵画を紹介しています。

by art-tomnog2014
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31